読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明け方の自動販売機

旅行のこととか、ゲームのこととか、日常の雑多なこととか

春の山陽・四国一人旅 ~3日目~

旅行

全体をまとめた記事はこちらから

Coming Soon

 

 

 

ハイライト

 

若者限定四国フリーきっぷ

朝一で今回のメインきっぷ

「若者限定四国フリーきっぷ」

を購入

3日有効で9800円

JR四国内の特急・普通列車の自由席乗り放題

(ちなみに土佐くろしお鉄道窪川〜若井間もOK

という青春18きっぷに1000円程度追加することで

完全に上位互換の切符が手に入る

「若い」人にしか売ってくれないけれどこれは

使わないと損でしょう

ということで今回はこの切符でいきます

 

ちなみにフリーきっぷだからこそ逆に

特急に乗った時は検札に来た車掌さんには

どこまで乗るのか言わないといけない

適当に下りたり乗ったりされると検札しにくいもんね

 

 宇和島

松山からアンパンマン列車で宇和島

外だけじゃなくて内部の天井にもアンパンマンが描かれていたり

駅接近メロディーがアンパンマンマーチだったりで

アンパンマンずくし

アンパンマンを見ていたのは遥か前であまり覚えていなかったが

それなりに楽しい列車旅だった

f:id:vendawn:20170316193239j:plain

 

 

それで宇和島

さっさと予土線に乗ってしまっても良かったっけれど

そのまま高知まで行ったらまだ3時間以上電車が続いて疲れるって

ただそれだけの理由で立ち寄り

 

ソテツだったっけ?

南国の木が駅を降りたところで出迎えてくれて

随分あったかいところに来たなぁと

歩いて行ける範囲でめぼしい場所が宇和島城くらいしか

なかったからとりあえずお散歩

行って見てから知ったが現存12天守の1つとのこと

もっとも天守部分と石垣がちょっとしか残っていないから

他の天守からすると見劣りするのは否めない

逆にこういう機会でもなかったら来なかっただろうから

ちょうど良かったかも

f:id:vendawn:20170316193324j:plain

 

予土線の旅

宇和島から予土線窪川

キハ32という車両らしい

バスの前側のドアのように2つ折りの扉なんだもん

車両にはあまり詳しくないがこれを見たら面白いって思うでしょ

乗り心地は特に直線でスピードを出した時なんかは

縦揺れが酷く、ぴょんぴょんしてたけど

通勤じゃないし許せる範囲かな

東京の通勤ラッシュでこの揺れを起こしたら

屈強な企業戦士達が生産されそうだ笑

路線自体はよくある単線ワンマンで

途中からは四万十川沿いを走っていく

四万十川の川原の石は白色でよく映える

はじめは別に久慈川沿いの水郡線と大して変わらないとか

思っていたけどこれはこれで美しいじゃないの

さすがは最後の清流四万十川といったところだろうか

 

余談だけど宇和島から宿毛にバスが出ていて

そっちに乗った方が四国を隅々まで行った気になれる

でも今回のフリー切符の対象外だからまた今度

宿毛からの土佐くろしお鉄道もお金かかるしね

同じような理由で室戸岬も今回はパス

ごめん・なはり線阿佐海岸鉄道も高知東部バスも対象外だからね

 

窪川では降りることなく特急で高知へ

須崎のあたりで太平洋を望む

4日もかかってとうとう太平洋まできたわけだ

 

高知

高知では高知城・高知歴史博物館へ

高知城も現存12天守の1つ

規模は宇和島城松山城の間くらいかな

中でくるくる回されれていつ上に着くのかな?

って感じだったけどそのうち最上階へ

高知城も街中でかつ高いところにあるから高知の街を一望

どこまでも街が続いていく感じではないけれど

なかなか栄えているなぁと

f:id:vendawn:20170316193433j:plain

 

 

どうやら高知城歴史博物館は最近オープンしたとのこと

中に入ると

「これは東博東京国立博物館)ですわ」

と思わずにはいられなかった

ほんとにそっくり

絶対に設計者は東京国立博物館に何回か行ったことがあるだろう

強いていえばキャプションのフォントサイズがやや小さめで

世の流れに逆行している気もしたが読めないレベルでもなく

それでいいんだろう

 

桂浜方面は歩いてはいけないし

坂本龍馬記念館に入るには遅すぎる時間になってしまったから

また明日

 

 

春の山陽・四国一人旅 ~2日目~

旅行

全てをまとめた記事はこちらから

 Coming Soon

 

 

ハイライト

 

 呉にて

大和ミュージアム

朝一で大和ミュージアムからスタート

9時開館で9時5分くらいにはついていたのにもうすでに何人いた

有名な戦艦大和の模型は入場したらすぐにお目見え

 

f:id:vendawn:20170316192233j:plain

でかい

でかすぎて同じ高さからではスマホで写真を撮っても全て写らない

(高いところから写真が撮れるからご安心を)

戦艦大和のプラモデルは数あれどこのサイズは

作る気にもなれないし1度くらいは見たって損はないんじゃないかな

 

それで展示の内容だけれど

もちろん呉は戦前は海軍の重要な基地だったし

今だって海上自衛隊が置かれているくらい

そういうものとは切っても切り離せやしない

どういう戦艦を作ったとかその戦艦はどうなったとかいう展示が多い

けれどそれだけではなくて戦前・戦中・戦後と時が過ぎる中で

呉がどのような都市として歩んできたか

日本の中でどのような位置を占める都市だったかを丁寧に解説している

(全くの部外者感想ですが・・・)

だから決して軍事ヲタクでなくても楽しめると思うよ

自分みたく

 

てつのくじら館

次にお隣のてつのくじら館へ

 

f:id:vendawn:20170316192338j:plain

大和ミュージアムは市立だけどこっちは海上自衛隊が運営している

差別化を図っているのかは知らないが軍艦ではなくて

機雷と潜水艦がメインテーマの模様

機雷や潜水艦についてなんか調べたことすらなかった中で

なぜこのような展示をしているかから詳しく説明されていて

とてもためになったし面白かった

ちなみに写真にも載せたこの潜水艦は中に入ることができる

それだけじゃなくて操縦桿を握ったり

潜水鏡を覗いたりできる

係の人によればどちらも旧式で現役で使っているものとは

違うようだけど体験型展示ってそれだけで楽しいよね

 

四国へ上陸・松山へ

お昼ごろのフェリーで呉を後にして

いよいよ四国は愛媛県の松山へ

さすがは晴れの日の瀬戸内海

船酔いするような揺れは全くない

快適そのものだ

なんで松山にきたかって?

そりゃ道後温泉でしょ

でもそのまま温泉に行くと時間が余ってしまうから

とりあえず松山城

あまり意識しないでいったけれど現存12天守のうちの一つ

姫路城や彦根城松江城にもいったけれど

お城自体すこぶる格好良いし(←ちょっと語彙力が)

ロープウェイがある程度の山の上だけあって眺めも最高

道後温泉から無理のない範囲で観光できそうなところということぐらいで

あまり積極的な理由もなくいったのが申し訳ないぐらい

素晴らしいところだった

 

f:id:vendawn:20170316193012j:plain

 

良い時間になったから

そんな格好良い松山城とお別れして道後温泉

別に温泉マニアのように日本全国の温泉を巡っているわけではないが

一回来て見たかったんだよね

 

道後温泉本館

(写真はあまりの人混みでモザイクかけたら何が何だかわからなくなったから

省略で)

建物は千と千尋の神隠しに出てくる湯婆婆の旅館の

モデルなんだとか違うんだとか

中は温泉になっていてお金をたくさん払うと

上の階のよい湯船になるらしいけど

そういうのは次回にするってことで一番安いところへ

安いったって石鹸やタオルがないとか

ドライヤーが有料とかなだけでお湯は一緒だろう

お湯は透明ですごくぬるぬるするような感じではない

ナトリウム系なのかな?

温度も熱すぎはしないが制限時間の1時間では十分に

温まれる程度

温泉なんて普段は全くは入れないし気分もリフレッシュできたかな

 

路面電車でJR松山駅の方まででて今日はおしまい

明日は宇和島→高知

JR予土線は今回の旅行で一番本数が少ないから注意

ってことでまた明日

 

春の山陽・四国一人旅 〜1日目〜

旅行

全体をまとめた記事はこちらから

Coming Soon

 

 

ハイライト

  • 岡山後楽園見学
  • 尾道ラーメンを食べる
  • 酒蔵めぐり

 

 

岡山後楽園

 夜行バスはほぼ予定通り岡山駅西口に到着した

降りて一言、うん、大したものはあまりない

とはいえよくよく考えると京都の八条口の方もこんな感じ

だったような気がするし

もっと言うと東京駅鍛冶橋駐車場の周りだって

大都会感を出しているわけではないから

だからといって田舎とか都会とかそう言うわけでもないかなと

 

(岡山といえば桃太郎だよね)

f:id:vendawn:20170316192041j:plain

 

朝食を済ませて駅の反対側へ

こちらはだいぶ栄えている

路面電車を除くと大宮駅ぽいなってふと思ったが

どの辺から感じたのかはよくわからない

 

15分くらいか路面電車に沿って歩くと川に出る

旭川というらしい

右手には岡山城、そして向こう側は後楽園

後楽園の中の様子は書くより写真の方がよいから

適当に貼っておく

冬だけあってだいぶ寒々しくもあったが

やはり要素要素がきちっとはまっていて

日本三大庭園は違うって感じ

(←素人すぎる感想なら書かない方がまし)

 

f:id:vendawn:20170316191722j:plain

f:id:vendawn:20170316191739j:plain

 

 

 

尾道

岡山からは青春18きっぷを使ってJR山陽本線尾道

倉敷で多く降りたくらいであとは少しずつ乗ったり降りたり

まあ3両区間ですし

クロスシートは快適

 

尾道の町は南は海で北は山

おまけに山の上には寺院があって

見守ってくれている?監視されている?ような感じ

居心地がいいかと言われればうーんとなる

 

尾道で昼食といえばやはりラーメンなので

目に付いた店に入っていただきました

もっとも行列ができている店も2店くらいあって

そっちにいった方がよかったのかも知れないけれど

寒いというただそれだけの理由で諦めた

空いてるとはいえ普通に美味しかったけれど

 

f:id:vendawn:20170316191828j:plain

 

酒の都西条

尾道を去って西条へ

西条といえば酒の都

ご覧通りマンホールだってこんな感じ

f:id:vendawn:20170316191923j:plain

 

 

駅から歩ける範囲に酒蔵がたくさんあって

日本酒の直売所?的な店を出している

そしてなんとそういうところは何杯か試飲をさせてくれる!

何軒かまわればほろ酔いだ

ここ以上に最高の町はあるか?

幸せすぎるから日本酒好きならぜひいってみて欲しい

おかげで4合瓶×2も買ってしまった

明らかに予算オーバーだけど気にしたら負けだ

 

西条からは海田市呉線に乗り換えて宿泊地の呉へ

この時点で陽は暮れてしまったから呉の観光はまた明日

今日は電車の総乗車時間も4時間弱と全然余裕な範囲で

楽しい旅ができた

実は岡山から海田市経由で呉に直接行くと

運賃は2590円と18きっぷを使う意味があまりないくらいの距離である

でも18きっぷのおかげでラーメンを食べたりお酒を飲んだりできるし

そこそこ有効な活用法ができたんじゃなかと

 

0日目はバス、1日目は電車ときて2日目は?

そう明日は船です

それではまた明日