明け方の自動販売機

旅行のこととか、ゲームのこととか、日常の雑多なこととか

三日坊主

三日坊主という四字熟語がある

故事ことわざ辞典を引けば「非常に飽きっぽく、長続きしないことの例え」だそうだ

その昔、出家を決意した人が三日も立たずに諦めて戻ってきたことが多々あったため

三日だけ坊主だったということからきているらしい

 

このブログも初めて三日目は何も書かなかった

でもこうして四日目は書くことができた

とりあえず三日坊主からは逃れられたわけだ

自分を褒めてもよいのかもしれない

 

かといってブログはお坊さんの修行のように

辛くてもやらねばならないという性質のものではない

別に忙しかったら書く必要もないのだ

何日か開いても気が向いたときに書けばよい

そんな心持でありたいなぁと

 

短いけど今回はこれでおしまい