明け方の自動販売機

旅行のこととか、ゲームのこととか、日常の雑多なこととか

図書館

よく行く図書館は無駄のかたまりだ

もう何年も手に取られていなそうな本が無数にある

何年も前の今を伝えている雑誌がある

かばんに入れて持ち運んだら壊れてしまいそうな古い本がある

もし自分の家だったら?

押入れの奥にしまい込むかごみ箱行きだ

 

なんて書くと図書館批判論者みたいだから補足しておくが

そんな無駄でいっぱいの図書館が大好きだ

とくにあてもなく歩いているだけでも

見たことがない本がたくさん並んでいて横目で見ていてとても楽しい

世の中にはこのようなことまで研究している人がいるのかと驚きに満たされる

本屋でも同じような気持ちになるけれど

図書館には内容的には時代遅れなものも多くあって

それらがまたよい味をだしているように思う

 

最近図書館に力をいれる自治体があるそうだ

魅力ある図書館を作ったところは移住者が増える傾向があるとか

まあ動機がどうであれ図書館が充実していくのは楽しいこと

本屋はどんどんつぶれていっているし

図書館には頑張ってほしいところである

 

とか偉そうなことを考えてるのもいいが借りている本を読んで返さねば