読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明け方の自動販売機

旅行のこととか、ゲームのこととか、日常の雑多なこととか

スーパーの全品10%引きセールは安いのだろうか

近所のスーパーで定期的に全品10%引きセールをしている

安いような気もするし、初めから定価が高いんだったら

他のスーパーとあまり変わらないような気もする

結局のところどうなんだろう

 

 

 

 

ちょっと考えるにあたって以下を仮定しておこう

  • 買い物は週に1度ないしは2度
  • 10%引きセールは週に1回
  • 近所には他にもスーパーはあるが、1日にはしごするのはNG
  • 新聞未購読で広告はネットから閲覧

これくらいだったら常識と照らし合わせても

大家族で毎日買い物にいかないと間に合わないとかでなければ

無理があるとは言えまい

 

それとすべての買い物パターンの中から最良を選択するのは難しいから

  • 10%引きセールで買い物をする
  • 「広告の品」を主軸として買い物をする

の2パターンの比較でいきたい

 

 

結論から言うと10%引きセールを利用するのは

  1. 金銭面のみならば10%引きは「広告の品」にやや劣る
  2. 金銭以外のコストを考えると、10%引きのほうがやや優勢

となり、自分の場合は10%引きを推したい

 

理由としてはまず1について

 

例え10%引きになったとしても「広告の品」にはかなわない

よって毎日広告を見て安いものを主軸にその日の献立を考えるのがよい

ただし、「広告の品」以外については

どのスーパーでも同じような価格で販売されていると考えられるため

10%引きで買った方がお得である

仮定では週に1か2回の買い物としているので

「広告の品」ばかりを買うわけにはいかない

となれば10%引きセールも「広告の品」次第では勝負できる

 

まとめれば

「広告の品」だけで1週間の献立をもたせる十分な料理スキルがあれば

それを買った方がよい

ただ「広告の品」以外は10%引きのほうがやや安いため

献立次第では10%引きも勝負できる

という感じだろうか

 

次に2について

「広告の品」を主軸として買い物を進める場合

まず上にもあげた通り、同じ食材について手を変え品を変え

飽きない献立を作れる必要がある

人のことは知らないが、とりあえず自分には難しいので

高コストであるという結論にしておこう

また、広告を読むというコストも生じる

買い物に行く前にわざわざPCを開き、

近所のスーパーの広告を見るのは自分には面倒だ(←さっさと習慣化すればいいのに)

 

もちろん10%引きセールを利用する場合にも注意すべき点がある

 近所のスーパーの場合は決まった曜日に行われているので

決まった曜日に買い物へ行けるようにうまく調整しなければならない

1週間には何もないようでいろいろあって

しばしばセールの日より前に冷蔵庫が空っぽになる

同じ曜日に買い物し続けるのは油断すると失敗するもんだ

 

まとめれば

どちらにもデメリットがあるにせよ自分に照らし合わせれば

やや10%引きセールに分があるといえよう

料理にかける熱意がもっとあれば「広告の品」主軸のほうがよさそうだけど

 

 

最後に結論について

「広告の品」の場合でも10%引きの場合でも価格の差は100円未満だろう

であるならばそれは料理スキルや広告を見るというコストで

個人的には吸収できてしまう

毎週同じ日に買い物するのは気を遣う点があるにせよ

ぶっちゃけそれほど難しいことではない

そして10%引きはどの商品にも適応されるので

好きなものを買ってよいのが大きな利点ではないか

その時によって食べたいものは違うし

それは広告によって制限されるものではないだろう

 

 

そんなこんな書いてみたけど結局どっちが良いかは

その人の考え方次第ってところかな

というかだんだん100円とかの差でこんな長ったらしいエントリーを

書くのも馬鹿らしくなってきたので今日はおしまい

続くこともなかろう