読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明け方の自動販売機

旅行のこととか、ゲームのこととか、日常の雑多なこととか

18きっぷの季節がやってきた

旅行 青春18きっぷ 雑談

時刻表を買った話もあげたけど今日は18きっぷの話

 

とうとうやってきましたね

まあ20日から発売しているのだけれど

いかんせんあまりJRの駅が近くなくて

ちょっと用事があったからついでに買ってきてしまった

 

JR発足30周年で8000円説が遠い風を伝って届いてきていたけど

去年と同額の11850円

まぁ値上がりしたわけじゃないし発売されただけいいってことよ

 

毎年のような誰かしらが18きっぷ廃止説を唱えていて

結局毎年嘘なんだけど

それでもJRは○○年先までは売るみたいなことは言うわけなくて

心配がないっていえば嘘になる

ここ何年かは発売枚数も安定しているそうだけど

大災害で運休→廃線パターンとか

新幹線開通→三セク移行パターンで

行ける範囲はどんどん狭くなってる

(この間も留萌-増毛間は廃線になったしね)

そこまでいかないにしても在来線の本数は一桁/日の区間なんて

ざらで使い勝手がよいかと言われれば微妙なところ

これから発売枚数が右肩上がりになっていくような切符ではないし

何かがきっかけになって廃止されても驚かない

 

でも発売されている限りは”旅行には”積極的に使っていきたい

在来線の長距離移動は時間はかかるし疲れる

けれど楽しいじゃない

東京から名古屋に行くのだって新幹線だったら

座ってご飯を食べて名古屋についてからのことを考えていれば着くだろう

けど在来線だったら

ロングシートでご飯をゆっくり食べられるかはおいておいて)

今通り過ぎている地域に思いを馳せる時間もたっぷりある

小田原では今年の箱根駅伝がどうだったとか

静岡で弥生時代がどんな時代だったかを思い出すとか

浜松で今年のうなぎはまた値段が上がっただとか

そういうのって意外に面白い

 

18きっぷがなかったらそんなだらだらした旅行はしないだろうな

せいぜい夜行バスで寝てる間に移動してしまうだろう

だからしばらくはJRさんにも頑張っていただいて

存続させてほしいものだ

 

まとまらないけど今日はおしまし

18きっぷでどこに行くかだって?

それはまた別の機会に