読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明け方の自動販売機

旅行のこととか、ゲームのこととか、日常の雑多なこととか

「こだま」と「ひかり」と「のぞみ」と

雑談

こだま、ひかり、のぞみの3つが揃うのは東海道新幹線

よくよく考えると実にうまく名前がつけられていると

思ったからエントリーにしてみた

 

ご存知のように一番多くの駅を飛ばすのが「のぞみ」

静岡県に一つも止まらないのはどうかとも思うけど

それで各駅停車は「こだま」

そして2つの中間が「ひかり」だ

 

「こだま」ってなんだろうかと考えると音なのは明らかだ

よっておよそ秒速340メートル

 

「ひかり」は考えるまでもなく光のことでおよそ秒速30万キロメートル

雷とか花火を見ていればわかるように

「こだま」より

「ひかり」の方が圧倒的に早い

 

じゃあ「のぞみ」は?

その前に光より速いとはどのようなことかを考える

物理的に考えるともし光より速いものがあったなら

(最大限減速しても光と同速度という気持ち悪いものだが)

それは未来から過去へ飛んで行くはずだ

だから少し飛躍すると光より速いものとは未来のもののことを指している

(ちょっと無理かな?)

そこで「のぞみ」について考えると

「のぞみ」とは未来についての願望だ

そしてちゃんと実現すれば未来そのものでもある

よって光より速いものは未来のもので

「のぞみ」も未来のものを指しているならば結局「のぞみ」は「ひかり」より速いことになる

JR東海に恐れ入りました

 

なんてことをいざ文字にしてみるとたいへん怪しいし

なんなら成り立っていなそうである

何れにせよもっと考察しないとダメだ

またうまい説明が思いついたらやるから今日のところは勘弁を

 

それにしてもどうして自然界最速のものの名前をつけてしまったのだろう

まだまだ速い電車が出るかも知れないというのに

というか今度のリニアモーターカーはどうするんだ?

まさか「かいじ」とか「あずさ」とか「しなの」だけでは済まされまい

北陸新幹線の「ががやき」みたく「ひかり」の言い換えで来るだろうか

できる頃には光より速い粒子が見つかっているかも知れないけれど

そうなったらそれになるのか?

今からでも興味が尽きないもんだ