明け方の自動販売機

旅行のこととか、ゲームのこととか、日常の雑多なこととか

昼寝

休日に昼寝をすることがよくあるのだけれどあれってよいのだろうか

すこし検索してみると

  • 集中力をあげる
  • 疲労回復する
  • ストレス解消

なんていろいろ出てくるけれど頭の上に浮かんだ「?」を

消し去ることができない

 

 

なぜ昼寝をするかってそれは眠いから寝るに決まっている

特に予定がないときなんかは無理して起きる理由もあまりない

寒い冬なんかは布団の中は暖かい

 

30分くらいで起きると余計に眠くなる

集中力の上昇どころではない気がする

だからといって1~2時間寝てしまうと

今度は夜眠れなくなって余計に睡眠不足になるような気がする

ストレスの解消?

よくわからない

 

結局のところ自分の中での結論としては

昼寝なんかしない方がよくて早寝ができないとき仕方なくするもの

となってしまっている

まあ無理にするのものでもないだろう

ましてすべき事がある時には

それをさっさと終わらしてしまいたい性分なもんで

 

昼寝をするよりも

やっぱりやる事やって早く寝る方が幸せなんじゃない?