明け方の自動販売機

旅行のこととか、ゲームのこととか、日常の雑多なこととか

春の山陽・四国一人旅 ~6日目~

全体をまとめた記事はこちらから

vendawn.hatenablog.com

 

 

 

ハイライト

 

三ノ宮から東へ

三ノ宮からスタート

当然ながら通勤ラッシュの時間帯なので三ノ宮から座れるかは運次第

大阪で入れ替わりが多いのでそこで座れればOKかなぁと

さすがは新快速といったところでうとうとしていたら

大阪、京都そして琵琶湖のまわりをぐるりと回って米原まで2時間弱といったところ

 

米原-大垣間は編成が短くなる

当然椅子の数も少なくなるわけで扉が開いたら米原ダッシュ?のはじまりはじまり

危ないしなにより疲れてたから参加しなかったけど

座れてしまったあたり

乗り換えには本能的に走る部族が多数乗っていたということか

 

大垣からは編成が長くなり、さらには新快速

岐阜駅はすぐに到着

 

犬山城

寄り道しないでもよかったのだけれど疲れるし

なによりそんなに早く帰る必要もなかったので

岐阜から高山本線に乗り換えて鵜沼駅

なんで犬山城かって?

それはこれだけ現存天守を回ってるのに犬山城を避けては通れないなって

f:id:vendawn:20170316194744j:plain

 

 

犬山城は現存12天守の1つで国宝にもなっている

お城自体はそんなに大きいわけではないけれど

それこそ今回のようにちょっと寄り道するには十分

上まで上がれば名古屋市街を一望できる

 

とありきたりな感想しか並ばないのは十分に疲れていたことと

色々な城を回りすぎて目が肥えてしまったのだろう

あまり回りすぎるのもよろしくないな

 

ただお城だけだとそうなってしまうけれど他と違うのは

犬山駅方面に古い街並みが残されていること

日本各地でこういうことして観光地化しているから

いまさらどうしたといえばそれまでだが

そういえば今回の旅程でこういうことろはなかったし

歩いてて雰囲気はいいよね

 

東京へさらに東へ

帰りは岐阜まわりのほうが18きっぷが使えて安いけれど

必要以上に遠回りなもんで

いっちょ名鉄に課金して金山駅から東海道本線へ復帰

あとは東京駅まで一直線

特になにもなかったけどよかったらこちらもどうぞ

 

 

旅の終わりに

一生のうちにこれほど長く電車旅できる機会もそうそう多くないだろうから

そういう意味では行けてよかったと思う

ただ薄く広すぎた面も否めない

もう少し一つの場所をゆっくり回ってもよかったのかもしれない

まあこれから人生は長いしまた行けばいいことよ

それじゃあ長かったこのシリーズもおしまい

次はどこにしようか

 

前の日へ

春の山陽・四国一人旅 ~5日目~ - 明け方の自動販売機