明け方の自動販売機

旅行のこととか、ゲームのこととか、日常の雑多なこととか

ブログって暇なときほど書けないのかもしれない

はてなブログをはじめて他人のブログを読むようになると

たまに記事が書けないことをネタにした記事がある

かくいう自分も1度やったことがあるような気がするけど・・・

義務じゃないんだしネタがあった時に書けばと思う反面

数日続けていると書かないと気持ち悪くなることも

少しだけわかるような気がしてくる

 

自分はぼちぼち3カ月といったところで

記事数もどうやら76まできたようだ

さくっと書けた日もあれば少し悩んだ日もあるし

しばらく記事作成画面とにらめっこして結局閉じてしまった日もあった

ただよくよく考えてみると

1日に色々とあった日に書くネタが思いつくのは良いとしても

暇な日って結構苦労する気がする

 

もちろん日々ブログに書く内容をスケジュール帳か何かに

書き留めておけばこんなことも起こらず

むしろ「暇」なのだから記事を書きためて

忙しい日のために下書きしておくことだってできるはずだ

 なぜしないか?

結局のところそこまで真面目にブログを運営していないという点に

尽きるのだろう

ブログで生活までとはいかずとも貴重な収入源とすべく書いているならば

ネタ探しは大切だから努力するだろうけども

適当に書き散らかしてるだけだもんな

それは仕方のないことだ

 

忙しい方がよいか暇な方がよいかは場合によるけれど

ブログに限ってはそれなりには忙しい生活をしている方が

よいのかもしれない

だからしばらく更新が滞ったらこう思ってほしい

あまりに暇で何も書くことがないんだなぁと

誤っても忙しくて死にそうだとか思ってはだめだ

忙しかったら忙しくて仕方ないネタで記事を書いてやるからな

 

おしまい