読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明け方の自動販売機

旅行のこととか、ゲームのこととか、日常の雑多なこととか

ミサイルだの戦争だの言うけれど……

今更ながら当ブログのコメントは承認制なので

ご了解ください

 

最近ミサイルがどうだとか戦争が始まるだとか

騒いでいる人たちがいる

もちろんそんな話で一色になったらいよいよ開戦だから

話は変わってくるが

とりあえず今思っていることを書いてみる

一部からは平和ボケだって言われそうで

また一部からは考えすぎだって言われそうだけど

そんなこと自分の知ったことではないので

 

ある基地からミサイルが到達できる距離に住んでいる以上

常にミサイルが飛んでくるリスクはあるわけだ

 それが今騒がれている国からという可能性もあれば

日本国内から飛んでくる可能性もある

持ってしまっている以上は仕方のないことだ

 

だからといって実際飛んで来たら何をするのかって話

ミサイル発射が検知されたら警報が鳴るらしいけど

どこかに避難するか?

地下に避難しろって言われても

大地下街に網目のような地下鉄を誇る東京と一緒にしないでくれよ

そんな場所ない

いっそのこと防空壕でも掘っておきましょうかね

 

そしてそんなことになったらいよいよ開戦だ

ただ残念なことに

結論から書くと自分個人がどうなるかなんて予測できたものではない

ただ歴史の波にのまれるだけ

 

結局のところミサイルだの戦争だの言っても

備えようとすればするだけ

不確実性に突き当たって不安だけが増長する気がする

人によっては次々に策が出てきて

戦争が起きようと何の苦も無く暮らしたり

一儲けしてやったりするのだろうけど

残念ながら自分にはできそうもない

 

ならばどうするか?

考えないことぐらいしかできなそうだ

遠くで何が起きてたって自分には関係ない

そう思って日々を精一杯生きるしかない

人はいずれ死ぬ運命にあるのだし

それが病気だってミサイルだってあまり関係のないこと

死ぬ間際に「生まれて少しは良いことあったかな」

って思えればそれでいいかな

 

これ以上は精神的にあまりよろしくないから

ここでおしまい