明け方の自動販売機

旅行のこととか、ゲームのこととか、日常の雑多なこととか

フォントって意外に大事なのかもしれない

ちょっとした文書を書いている時に友人が

「ろくでもフォントで書いた文書なんてゴミだ」

みたいなことを言っていたことを思い出したもんだから

ちょっくら手を入れてみることにした

別にたいそうなものでもないし

MS明朝で出したって文句の一つすら言われないだろうに

 

かといってせいぜいメイリオを使うぐらいしか

こだわりなんてなかった自分のパソコンに

お高いフォントが入っているわけがない

というわけで游明朝とやらを使うことにした

(最新版のofficeだと標準フォントらしいんだけど

2013使いはそれだけでも進歩だろうよ)

 

さくっと印刷すると意外と印象が変わって見えるもんだ

確かにMS明朝なんて使ってられない気がしてくる

手書きだって字がきれいな人が書いたほうが読みやすい

そんな理屈なんだろうけれど

ボタン一つでこんなに変わるとはね

こだわる人の気持ちも少しだけ分かったような気がする

 

だからといって新しくフォントを買うつもりもない

游明朝とかメイリオとかで特に困らないし

今のところは十分な気がする

それにこだわりだしたらなかなかお金がかかる

一世一代の契約がかかるような文書を作ることがあったら

考えるかもしれないけれど笑

 

今後もパソコンで作られた文書は見なければならないし

ちょっとだけフォントも気にしてみようかなと

見にくいから読まないとかそんな過激なことはしないけど

見やすいものがあったら参考にしてみようかな

綺麗な文書作れる人って格好いいし

そうなりたいとは思うしね

 

おしまい