明け方の自動販売機

旅行のこととか、ゲームのこととか、日常の雑多なこととか

もったいない精神

一人暮らしをしているからかは知らないけれど

最近、自分でもわかるくらいもったいない精神を発揮している

まだ使えるのに使ってないものがあると

なぜ使わないのかってすぐ聞く

もったいないと思ってしまう

 

とても悪いことでもないだろうけれど

無駄にしているわけでもなければ大目に見るべきなんだとも思う

別に捨てるためにとってあるわけではなく

まだ使えるからとってあるのだ

けれど今すぐ使わないともったいないと思うようになってしまった

やっぱりよろしくない

 

そういえばもったいないって英語では言いにくい表現なんだっけ

昔世界に広がる日本語みたいなやつで見た気がする

だからどうしたって話ではあるけれども

いちいちもったいないとかそんなこと思う人なんて

あまりいないのかね

よくわからん

 

こんなことは明日から変えましょうったって変わるものでもないし

もしもったいない精神が減ったところで

他人に気付かれることもないだろう

このブログなんかに書かなければね

だからたぶん明日からも昨日までと同じでいくんだろう

何年かたって変わったら

またこれを読み返してああそうだって思えればいいや

今日のところはこの辺で

 

おしまい